2018〜2019

地区ガバナー ガバナースローガン

人が集い 心がふれあい

そして笑顔が生まれる

ー原点回帰ー

 ライオンズクラブ国際協会

  333−C 地区

  地区ガバナー 木 村 英 俊

 

333-C地区ガバナー木村英俊 基本方針
kimura-housin.pdf
PDFファイル 762.8 KB

事務局からのお知らせ

第2回献血推進活動

11月26日(月)ベイシア佐倉店

*皆様のご協力をお願いします!


第1回 7月27日(金)

第2回 11月26日(月)

第3回 2019年3月26日(火)

    場所:ベイシア佐倉店

 

献血推進運動 献血実績

【平成24年7月24日から実施】

第19回 平成30年11月26日(月)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:36人

採血量:13,400ml

採血実績:300,600ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回平成30年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
災害掲示板333ーC
災害掲示板333ーC

<2013年6月 〜 2012年7月>

 2013年4月7日(日),佐倉むらさきライオンズクラブ結成5周年記念チャリティー能がウィシュトンホテル ユーカリで開催されました。当日は大勢の皆様にご来場いただきありがとうございました。

 橋岡久太郎師の能「猩々」のあとに能の楽しみ方などのお話も頂きました。また,佐倉市少年野球リーグなでしこ女子野球チームにアクティビティー資金を贈りました。

 皆様のご協力に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 ケガや病気の治療のために血液が必要とする人たちが数多くいます。

健康な方々から自発的に無償で血液を提供いただく「献血」によって血液を必要とする多くの患者さんが日々救われています。

 佐倉むらさきライオンズクラブでは,「ひとりでも多くの人を救いたい」そんな思いで皆様に「献血」へのご協力をお願いしています。

 
 

 佐倉むらさきライオンズクラブの会員が小学生を対象に,資料や寸劇を交えて覚せい剤や大麻などの違法薬物が体に及ぼす悪影響などを紹介し,違法薬物乱用防止の啓蒙活動を行っています。

 今年度は,南志津小学校,佐倉東小学校,寺崎小学校,上志津小学校で開催しました。

 

 

 333−C地区8R2Zの佐倉,八街,八街グリーン,佐倉中央,佐倉むらさきの5クラブが合同の例会・新年会を開催しました。今回は八街グリーンが欠席で4クラブとなりました。

 

 

 

 ライオンズクラブが主催する短期留学プログラム Youth Camp and Exchange(YCE)。
 今期は、むらさきライオンズとして初めて鵜澤会長宅で12月26日から1月4日まで受け入れました

 


 2008年6月23日に佐倉ライオンズクラブ様がスポンサーとなり,10月13日にチャーターナイトとなり,女性会員21名で誕生しました。

 これも皆様のご支援の賜と深く感謝申し上げます。これからも地域のために奉仕活動を通じて貢献していく努力してまいります。