2018〜2019

地区ガバナー ガバナースローガン

人が集い 心がふれあい

そして笑顔が生まれる

ー原点回帰ー

 ライオンズクラブ国際協会

  333−C 地区

  地区ガバナー 木 村 英 俊

 

333-C地区ガバナー木村英俊 基本方針
kimura-housin.pdf
PDFファイル 762.8 KB

事務局からのお知らせ

第2回献血推進活動

11月26日(月)ベイシア佐倉店

*皆様のご協力をお願いします!


第1回 7月27日(金)

第2回 11月26日(月)

第3回 2019年3月26日(火)

    場所:ベイシア佐倉店

 

献血推進運動 献血実績

【平成24年7月24日から実施】

第18回 平成30年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回平成30年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
災害掲示板333ーC
災害掲示板333ーC

333−C地区 マイクラブ・マイプラン発表会

 1月17日、333-C地区、波木ガバナー提唱の第1回、「マイクラブ・マイプラン」の発表会と授賞式が開催され、井野口会長と三浦が出席しました。12クラブのみでしたが発表され、目から鱗の経験でした。
 どのクラブの発表も甲乙付け難い内容でしたが、1位は房総勝浦LCの「We Serve We Resecue(ウィサーブ・ウィレスキュー)」24時間営業のコンビニにAEDを設置し救える命を最大限救おうとする活動。女性の会長ですが正会員77名の内21名がバスを仕立てて参加されました。
 2位は,設立3年目の八千代中央LC「「シンビオシス・アート展」、障害を持つ方達が創造するアートを支援する活動で1月24日勝田台文化センターで開催されます。
 3位は成田平成LCの「東南アジア(インドネシア・ネパール)の子供達の教育支援」全国の7クラブとの共同支援。オートバイとトラックで険しい山・流れの速い川を渡り山の上の学校(学校の建築・文房具も含め)に永年に亘り支援をしています。
 4位は我が兄貴クラブの佐倉中央LCの「病気と闘っている子供達に元気と笑顔を届けよう」。未だ計画・具体的方法を検討している段階ですが着眼点が素晴らしいと評価されました。
 その他、船橋中央LCが継続している「ホースセラピー」障害のある方達に馬と慣れ乗る事により情操教育を図る事を継続中。

 光LCによる「九十九里海岸木戸浜のアカウミガメの保護と海岸清掃」は長期間に亘り、25名で3キロの海岸を見守り記録を作成している。

 館山南LCの「ふれあいいきいき道路整備事業」は本来行政が行う道路拡幅事業を地元の方達の要請に応え実現させている(道路は漁業組合の所有)。
 その他多くの取り組み発表は、4時間と言う時間の長さを感じさせない感動の連続でした。自ら汗を流し、資金調達を行い、多くの方達の協力を得て継続しているもの、これから始めるもの、様々ですが、この事によりクラブ内が一つの目標・目的に向かって一致団結する事が、ガバナーが期待した「マイクラブ・マイプラン」だと確信しました。このプランは今後も継続するそうです。
 総評で、L吉原第一副地区ガバナーから、次回以降「5W2H」をプランの中に入れる様にとのお言葉がありました。
 当クラブも頑張りましょう~!