2017〜2018

地区ガバナー ガバナースローガン

 仲間と共に風を起こし、

  更なる未来へ羽ばたこう!

 〜ライオンズクラブ好循環の輪

 が、素晴らしい第二世紀を動か

 し始める〜

 ライオンズクラブ国際協会

  333−C 地区

  地区ガバナー 髙 橋 克 文

 

事務局からのお知らせ


献血推進運動 献血実績

【平成24年7月24日から実施】

第17回 平成30年3月26日(月)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:39人

採血量:15,200ml

採血実績:272,800ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第2回平成30年3月21日(水)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:57人

採血量:22,600ml

採血実績:52,400ml

 

333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
333−C地区『東日本大震災の記録』忘れまい忘れない!あの日あの時!
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『LION』日本語版ウェブ・マガジン
災害掲示板333ーC
災害掲示板333ーC

山田實紘国際会長公式訪問に参加して

 11月16日「山田實紘国際会長公式訪問」に参加しました。
当クラブは、キャビネット構成員L宍倉、会長L三浦が参加。
当初150人位を予定していたそうですが、約350人にもなりました。
国際ライオンズクラブに新しい風を吹き込む改革のご努力とご苦労に感銘しました。
「ライオンズは奉仕が第一。地位や名誉を得る為ではない。お金持ちだけがドネーションをするのではなく汗を流し資金獲得運動をして、貯めたお金を奉仕に使う。そうする事により会費は安く出来て若い人が会員になれる。アメリカでは、年間80㌦の会費のクラブもある。工夫をして欲しい。」との言葉は心に残りました。
又、「若い内にガバナーを経験し上を目指して欲しい。古参のライオンズは何時までもご意見番で居ないで若い人を育てて欲しい」との言葉も…。
参加して良かったと思えた公式訪問でした。